「気分が落ち込む。」更年期症状に悩む女性には筋トレがベスト

こんばんは。
大阪市阿倍野区にある体の機能を高めるパーソナルトレーニング
グレイスフル帝塚山トレーナーの金物谷です。
 
 

今日は筋トレのメンタルへの影響について書いていきます。

日本人は精神的なストレスに弱いと言われています。

なかでも45〜50歳代の女性は、更年期の影響で精神が不安定になりやすいと言われています。

更年期症状がでるメカニズムを簡単に説明

❶女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少

❷視床下部:ホルモン分泌の命令を出す所
「命令したのになんでエストロゲンでてないんや。もっと出させろ‼︎」と視床下部が命令を強め混乱する。

❸視床下部は自律神経の調節も担っているため、自律神経も混乱し様々な症状がでる。

その一つが気分の落ち込みや不安感といった精神的な症状です。この時期は、それまでの時期と比べ14倍も「うつ病」を発症しやすいというデータもあります。

・急に不安になって落ち込んだり
・ちょっとしたことでイライラしたり

身体症状がでる辛さも重なり精神的に参ってしまいます。

気分が落ち込み、何をするにも億劫に。

→体のたるみ・衰えは気になるのに運動する気にもならず、ダラダラしてしまう。

→罪悪感を感じて、自分に自信がもてなくなる。さらに気分が落ち込む。という悪循環に陥ります。

このような悪循環を断ち切るためには、色々な方法がありますが、なかでも特に有効だと思うのは「筋トレ」です。

 
筋トレが更年期女性のメンタルへ良い影響を与えるという科学的根拠
 

これには【ドーパミン】というやる気ホルモンが関係しています。聞いたことありますか?

ドーパミンは、気持ちが良いという快楽の他、やる気を高めポジティブ思考に変えてくれます。

筋トレなどのしっかりとした運動をした後、こんな経験ありません?

「ぼんやりしてた頭がなんかスッキリした。」
「爽快感、達成感があって気分が良い。」

ドーパミンは、目標をクリア(小さな目標でOK)したり、なにかをやりきった時に分泌が増えます。
まさに筋トレ後ですよね。ポジティブ思考、やる気を引き出すのに最適だと思います。
さらに、筋トレは幸せホルモンと言われる【セロトニン】の分泌も促すと言われています。

また、更年期の「気分の落ち込み」などの精神の症状は、セロトニンやドーパミンの分泌の乱れも関係していると言われています。

 

筋トレを行うことで、セロトニンやドーパミンの分泌が増え、前向きな気持ちになって、幸せも感じられる。

それに、体力アップや引き締めといった体の変化により自信がつく。頑張れる自分に対して自己肯定感が得られる。

実際に「筋トレには不安を解消する効果がある。」という研究データがあります。

 

前に俳優の武田真治さんも「筋トレが精神を安定させてくれる。」と言ってました。

 
更年期症状に悩む女性には、やっぱり筋トレをおすすめしたいと思います。やった方が良い。
 
もちろん体調が悪かったり、気分が乗らないときは無理にやることないです。
「ちょっとやってみようかな。」と思ったときに、家で軽いトレーニングから始めれば良いです。
 
筋トレといっても高重量のバーベルなんて使わなくても良いです。自分のペースで少しずつ。

一覧ページに戻る

友だち追加

※友達登録して頂きますと、LINEで直接ご予約が可能です。

※当店システムに関するご質問や、お客様のお体に関するご質問もお受け致します。キャンペーン情報も発信していきますので、ぜひご登録お願い致します。