「オンラインパーソナル」のやり方とその弱点

 

今まで「オンラインパーソナル」の良いところばかりを記事にしてきましたが、今日はオンラインパーソナルのやり方とその弱点について書いていきます。

 

お客様にはサービスについて、ちゃんと知ってもらった上で、ご利用頂きたいですからね。

 

お客様がサービスを受けてから、

「なんか思ってた感じと違うなー。」となるのはなるべく避けたいんです。大切なお金と時間を使って受けて頂くので。

 

 

【オンラインパーソナル】のやり方

まずは、やり方についてご説明します。

 

スマホアプリの「ZOOM」のビデオ通話機能を使います。こちらは簡単にダウンロードできます。

「ZOOM Cloud Meetings」をApp Storeで

 

①スマホアプリ「ZOOM」をダウンロード(無料で使用可能)

 

②トレーニングを行うスペースを確保し、スマホを三脚などにセット

スマホは自分の方に画面を向けてセットしてください。また、インカメラで全身が写るか確認していただくとスムーズに始められます。意外とスマホとの距離が近く、全身が写らないなんてこともあるので。

 

③ご予約いただいた時間にこちらから、【ミーティングID】と【パスワード】をお送りします。(LIINEかメール)

 

アプリを開き「ホーム」内の「参加」を押し、【ミーティングID】と【パスワード】を入力すれば、ビデオ通話が開始されます。

※Wi-Fi環境があれば、よりスムーズに通信が可能です。

 

 

【オンラインパーソナル】スマホの設置方法

 

トレーニングスペースから2mほど離れた位置に設置することで全身が写ります。

 

【トレーニング種目による設置場所の移動】

トレーニングの種類によっては、ダイニングチェアやカウンターを使用(可能であれば)するため、スマホを移動させます。その場合、スマホをスムーズに移動できるよう、【スマホ用三脚】の購入を強くお勧めします。

 

『注意』三脚などがない場合、セットにいちいち時間がかかり、途中倒れたりもするので。

 

こちらは安価ですが、オンラインパーソナルで使うには十分です。(コスパ良い)

※対応機種の確認をしたうえでご購入下さい。

COCHING スマートフォン対応三脚

 

【トレーニング姿勢によるカメラ向きの変更】

立って行う大抵のトレーニングは、スマホを立ててセットしますが、床に伏せて行う体幹トレーニングなどの場合、カメラを低い位置にセットするのと、横になったカラダ全身を写すために、カメラを横向きにセットします。

 

スマホの設置位置やカメラ向きの変更に関しては、こちらからすべて指示させていただきますので、ご安心ください。

 

【オンラインパーソナル】基本的に「トレーナーの見本」→「お客様が実践」の流れ

 

トレーニングの流れ

①まずこれから行って頂くトレーニングの見本を見ていただきます。

→この時、画面をタップしトレーナーが大きく写るようにします。

 

②次にお客様が見本を真似して実践します。

→この時は画面を切り替え、自分を大きく写すと、トレーナーの口頭での修正でフォームを修正しやすい。

スマホだと少し小さくて見にくい場合は、タブレットを使用すると見やすくなります。

 

それでも見にくい。どうしても自分の動きを確認して行いたい…という場合は、

以下の専用機器を使用することでテレビにスマホ画面を写すことができるのでそちらをご利用下さい。(全然なくても大丈夫ですが)

AnyCast アップグレード版 YouTubeはもちろんTVerも視聴可能

 

 

次に弱点についてです。

【オンラインパーソナル】その弱点とは…

「指導の質が落ちる」こと。

これは、指導の質が低いということではなく、あくまで、対面での直接指導と比べてということです。

 

 

具体的に、直接の指導に劣る点は、

①トレーニングフォームを多方向から、すぐにチェックできない。

 

トレーニングは、すべて正面からチェックしていれば良いわけではありません。

後ろから、横から、時には上からもフォームチェックを行います。

 

トレーニングは、いろんなパターンの代償動作(かばったり、楽したりすること)があるため、それを見抜いて、修正するためには、多方向からチェックする必要があるです。

 

1方向からしか写せないビデオ通話では、直接指導ほど、フォームを正確にチェックすることはできません。

 


②直接触れてフォーム修正ができない。

 

手で対象部位に少し触れることで、動きを意識しやすくなり、修正しやすくなります。

特に肩甲骨など、自分の目には見えない部位は、触れることが大きなヒントになり、動きを意識しやすくなります。

 

【弱点を補うためにやっていること】

 

①に関しては、

お客様に正面や横からなど1セット毎に色んな角度でトレーニングをしてもらうことで、かなり正確に指導が行えます。

 

例えば…

1セット目 カメラに対し、正面向きでスクワット

2セット目 カメラに対し横向きでスクワット など

 

これは、かなり正確にチェックできるようになることがわかりました。

モニター様やお客様のオンラインパーソナルをさせて頂き、実証済みです。

 

さらに、これらも手助けしています。

❶トレーニング種目によって、よくある代償のパターンがあり、それを把握している

❷身体の特徴で起こりやすい代償の予想がつく

 

②に関しては、

シンプルで、トレーナーの見本をみて、真似しながら修正してもらいます。

筋トレ初心者が、トレーニングフォームを早く定着させるためには、少しだけ練習が必要となります。

 


いつでも正しいフォームで練習できるよう、「やり方を詳しく解説した動画」をお送りしますので、それを見ながら予習をしてもらえると、トレーニングがスムーズに進みます。

 

このような対策で、直接指導の質に近づけるよう努力をしております。

 

 

ここまで、直接の指導には劣ると書きましたが、

オンラインパーソナルには、その点を上回る大きなメリット(利便性や価格など)があると確信しています。

まだまだ最善策を探し中です。少しでも質の高いサービスを提供できるよう頑張ります。


一覧ページに戻る

友だち追加

※友達登録して頂きますと、LINEで直接ご予約が可能です。

※当店システムに関するご質問や、お客様のお体に関するご質問もお受け致します。キャンペーン情報も発信していきますので、ぜひご登録お願い致します。